縮毛強制をかけて一ヵ月後くらいがちょうどいいんだけど、最初からその状態にするには何て注文したらいい?

90
所要時間:約256

クセで悩む方のほとんどは、縮毛矯正をかけた経験があるのではないでしょうか?

昔の縮毛矯正は、とにかく真っ直ぐ毛を伸ばす強力なパーマだったので、かけたばかりは収まり過ぎてペタンコになってしまう、という難点がありました。

しかし、今の時代では、毛質や要望によって薬の強さや施術方法も色々ありますので、かかり具合も調節できる時代になっています。

ここでは、縮毛矯正をかけて1カ月後ぐらいの自然なストレートに最初から持っていくための注文方法をご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

なぜかけて1カ月後ぐらいがちょうどいいのか?

基本的にクセを縮毛矯正で伸ばしても、根元の毛が生えてくると、その毛は縮毛矯正がかかっていない自然な毛=クセ毛ですので、その部分が膨らんだり、毛流れが出始めて完全なストレートヘアが、髪が伸びるにつれて崩れてきます。

なので、美容師の方は少しでも縮毛矯正の持ちをよくするために、強めの薬を使ったり、根元ギリギリまで薬をつけるので、仕上がりはペタンとなりやすいのです。

しかし、これはあえてそうしている場合もあります。

日々のシャンプーや毛の成長でスタイルが崩れることを想定しているのです。

しかし、経験の浅い美容師さんだと、明らかに根元が折れてつぶれてしまう等、不本意にペタンとなり過ぎている事もごく稀にあります。

そして、なぜかけて1カ月後の状態が最適なのかと言うと、毛は1カ月で約1センチ伸びます。

1センチ根元が伸びると、その分の根元が少し浮いてトップにボリュームが出たり、ちょうどいい具合に髪の毛が自然になります。

さらにペタンとした状態もかけたばかりの時よりも見慣れて違和感がなくなっているという場合も考えられるからです。

最初からその状態を仕上がりにしたい場合は美容師さんにきちんと要望を伝えなければなりません。

次にその要望の伝え方についてご紹介していきたいと思います。

自然なストレートヘアにするための注文の方法

その人のクセの具合にもよって、最初から弱めの薬で然なストレートを作ると、今度は仕上がりの1カ月後にすぐにとれてしまった!全然かかってない!やり直したい!という事になる場合もありますので、そこは自身のクセと美容師さんとしっかり相談して決めましょう。

しかし、それほどクセが強くない人の場合ですが、ストレートヘアにするパーマが縮毛矯正だとは思っていませんか?実はストレートをかけるのは縮毛矯正だけではないのです!美容室によっても名称は様々ですが一般的にはストレートパーマと言う事が多いです。

これは縮毛矯正に対して比較的弱い薬を使っています。

さらに、縮毛矯正では薬をつけた後、アイロンでしっかりプレスして引き延ばす工程があるのですが、ストレートパーマではこの工程はやりません。

ですので、縮毛矯正に比べて自然なストレートになりますし、価格も安いです。

クセの強い人だと、すぐに取れたり、効果が低い場合もありますが、クセの弱い方はストレートパーマで十分な場合がほとんどです。

注文時に大事なことは、「自然なストレートにしたい」、「まっすぐ過ぎて根元がつぶれるのは避けたい」、「あまり根元の方から薬は付けないでほしい」、「かけてから1カ月儀ぐらいの状態に仕上がりたい」というキーワードをしっかり伝えるとよいでしょう。

クセによっては難しい場合もありますがしっかりと美容師さんと相談して、理想のストレートヘアに近づきましょう!

スポンサーリンク

シェアよろしくお願いします!

スポンサーリンク