枝毛は一度なったら修復は不可能! 枝毛の原因を知ってこれから発生する枝毛を防ぐ!

63
所要時間:約342

枝毛とは、一本の髪の毛が木の枝のように裂けてしまっている状態の毛のことをいいます。

枝毛で悩む女性は多く、特に綺麗なロングヘアを保ちたい方にとって枝毛は天敵です。

一度枝毛が出来てしまうと髪の毛にいくらトリートメントやストレートパーマなど、あらゆる手段を施してもなかなか枝毛は消えてくれません。

ここでは枝毛が出来てしまう根本的な原因と、改善&予防方法をご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

そもそもなぜ枝毛が出来てしまうのか?

枝毛は、髪の表面にあるキューティクルが剥がれ、髪の中にある水分や栄養素がどんどん抜けてしまう事で髪の毛が裂けてしまいます。

この現象を促してしまう一番の原因として、繰り返すカラー、パーマです。

カラーやパーマの薬剤は、髪の表面にあるキューティクルの間から無理やり中に浸透する作用があるので、キューティクルが剥がれやすくなります。

これを最小限に抑えるために、美容室では必ずカラーやパーマ前に髪の毛を保護する前処理と言う作業を行っていますが、自宅でのホームカラ―では、いきなり髪にカラー剤を塗布していくので、美容室で行うよりもより髪の毛が痛みやすくなるのです。

ですので、自宅でのカラーはより枝毛を促進させてしまうのです。

日々のシャンプーやドライでも枝毛が出来る要因が潜んでいる!

カラーやパーマをしていなくても、毎日のシャンプーやドライヤーで、知らない間に枝毛を生み出してしまっている可能性があります。

それが、髪に合わないシャンプー剤の使用と、間違ったドライヤーの使い方です。

シャンプーの種類はクセ毛や色持ち、保湿効果、育毛効果など様々な種類が開発されています。

そのときに注意したいのが、自分の髪に合ったシャンプーを選べているかどうかです。

美容室でシャンプー剤を購入している方は、美容師さんが髪の毛の状態を診断した上での選定を行っているので間違いありませんが、自身で選ぶときはどうでしょうか。

自分の髪の毛の状態すら、把握できていない方も多いと思います。

枝毛を促進させてしまうのは、髪の毛が乾燥&既にダメージしていて、保湿やダメージ補修が必要なのに洗浄力の高い市販のシャンプー剤を使用しているパターンです。

洗浄力の高いシャンプーを髪のダメージが深刻な方が使用すると、洗い過ぎて逆にパサパサになります。

頭皮がべたつきやすい方には適していますが、こういった髪の状態の方にはNGです。

次に注意したいのがドライヤーの使い方です。

自然乾燥は髪や頭皮に悪影響? 正しいドライヤーの使い方で毎日のダメージを軽減!
お風呂上がりや寝癖直しの際に濡れた髪、きちんとドライヤーで乾かしていますか?ロングヘアの方はきちんと乾かす方も多いと思いますが、男性の方やシ...

乾かす前には、必ず洗い流さないトリートメントを付けてください。

そうすることでドライヤーの熱から髪の毛を守り、ドライヤーの風や熱で髪の乾燥を防ぎます。

さらに、ドライヤーを髪の毛に近づけ過ぎて乾かしている方は必ず20〜30センチ離しましょう。

髪の毛にドライヤーの熱が至近距離で当たり続けていると、間違いなくダメージが起きますし、距離が近いことで風が当たる範囲も狭まり、完全に乾くまでに時間も余計かかってしまうのでさらに髪の毛にダメージを与えることになるのです。

出来てしまった枝毛はどう対応する?

出来た枝毛を修復する技術は、現段階ではまだ発見されていません。

枝毛部分をカットするしかありません。

カットする場合は枝毛が出来ているところの3~5センチを目安に、直角にはさみを入れることで次に出来てしまう枝毛を根絶します!

これから枝毛を予防するために

枝毛を防ぐには髪にかかる負荷をなるべく避け、髪の水分と栄養分を保つ上でキューティクルを剥がさない事が必要です。

そのためには、髪のキューティクルを開く要因となる、カラーとパーマの回数を減らしできるだけ期間を置くこと、自身の髪に合ったシャンプー剤を使用する事、定期的にトリートメントを行い髪の毛の栄養分を補いやダメージ補修をすることです。

しかし、それ以前に大事なのは日々の食生活をバランスの良いものに切り替え、髪の栄養を送る血行の流れを阻害してしまう睡眠不足やストレス、喫煙を普段の生活の中から排除する事です。

この生活習慣が髪を健康にする基盤となるので、ここが不完全ですと、いくら髪に何かを施しても枝毛の根本となる原因が生活習慣であれば枝毛を防ぐことができません。

ですので、生活習慣を整えた上でのヘアケアを行いましょう。

スポンサーリンク

シェアよろしくお願いします!

スポンサーリンク