自然乾燥は髪や頭皮に悪影響? 正しいドライヤーの使い方で毎日のダメージを軽減!

60
所要時間:約337

お風呂上がりや寝癖直しの際に濡れた髪、きちんとドライヤーで乾かしていますか?ロングヘアの方はきちんと乾かす方も多いと思いますが、男性の方やショートスタイルの方等、比較的髪の短い方は自然乾燥で済ましてしまっている方のほうが多いのではないでしょうか?自然乾燥はドライヤーによる髪のダメージも少ないので、あえてドライヤーを使わない!という方も少なくはないと思います。

ここでは自然乾燥のリスクと、ドライヤーの正しい使用方法についてご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

自然乾燥をお勧めしない理由

長時間髪の毛が濡れた状態、湿った状態で放置すると、頭皮が蒸され、雑菌が繁殖しやすい状態になってしまいます。

また、雑菌だけでなく場合によってカビが生えることもあります。

カビは砲子さえついてしまえば一気に広がるほど繁殖能力は高く、湿った場所を好むので、湿った状態の頭皮は危険なのです。

それによって頭皮がかゆくなったり、フケが出て抜け毛や薄毛、皮膚疾患につながる場合があるので濡れた状態で放置せず、きちんと完全に乾かす必要があるのです。

正しい乾かし方の手順

①まずはタオルドライをしっかり!

タオルドライをしっかりすることによってドライヤーを当てる時間が大きく変わります。

なるべくドライヤーの熱でのダメージを起こさないため、タオルドライの時点でしっかり水分を飛ばしておきましょう。

ゴシゴシとタオルと髪をこすり合わせるような拭き方は、髪がからまり痛む原因となるのでNGです。

髪を優しくたたくように、擦らないように気をつけましょう。

②乾かす前に絶対やること

乾かす前には洗い流さないトリートメントを必ず付けてから乾かしましょう。

トリートメントが髪の毛の周りを保護し、ドライヤーの熱から髪の毛を守ります。

さらに、指通りが良くなるので乾かしている時にからまったり、髪を引っ張ったりするのを防いでくれる役割もあります。

オイルタイプは髪表面に膜を張りドライヤーの熱から守り指通りを良くしてくれますが、ミルクやクリームタイプは髪の中に栄養分が浸透し、さらにドライヤーの熱によって浸透しやすくなる効果があります。

そしてトリートメントを付けたら、櫛で全体をとかしましょう。

これによってトリートメントが全体に均一に行き渡りますし、髪の絡まりを防ぐので乾かしやすくなります。

③乾かす時は首周り、耳周りの乾きにくい部分から

乾かす時には必ず表面でなく、中から、強いて言うなら地肌から乾かしてください。

髪表面は意識しなくても風邪が当たりやすく、中を乾かさずに表面から乾かすとドライヤーの熱や風が表面に必要以上にたくさん当たるので髪の乾燥や枝毛の原因となるのです。

耳周り、首周りの一番風邪の届きにくい部分が乾いていないと、乾かす時間も長くなり、ムダにドライヤーの熱や風邪を当て続けてしまうのです。

ですので、乾きにくい首周りと耳周りは一番最初に乾かすようにしましょう。

④次に根元全体

次に根元全体を乾かしていきます。

この時に注意したいのがドライヤーの向きです。

ドライヤーの風の当たる方に当然髪の毛は流れます。

髪の毛が広がりやすい方は風を上から当て、髪の毛がまっすぐ下に向かって落ちるように乾かします。

逆にボリュームが欲しい方は、ボリュームの欲しい部分に上からでなく下から風邪を根元に送り、髪を立ちあがらせます。

根元に風を送ることでその方向によって髪の流れ方が変わるのですが、根元に風を送っているつもりでも、髪の毛の中間や毛先に風が逃げてしまっている場合があります。

髪の毛の根元に風をピンポイントで送るには、根元と言うよりも地肌へ風を送るつもりで乾かしましょう。

⑤最後に髪表面を!

根元を乾かしている間に、ある程度髪表面や毛先も乾いてくるので髪表面にはあまり風を当てる必要はありません。

整える程度でOKです。

乾かし終わったら、パサつきが気になる場合はアウトバストリートメントをプラスしましょう!

ドライヤーの使い方一つでこの後のスタイリングの仕上がりや、やりやすさも大きく変わります。

ただ乾かすだけでなく、どのようにスタイリングしたいのかを頭の中に描きながら乾かすようにしましょう。

スポンサーリンク

シェアよろしくお願いします!

スポンサーリンク