前髪の富士額の部分が横に生えてきてセットしづらい・・・上手くセットする方法や誤魔化す方法は?

102
所要時間:約135

昔は、美人である条件の一つに富士額であるといわれてきましたが、実際に富士額の方の前髪のセットは難しく、面倒なのが現状なのです。

毛流れが決まってしまいますので、自分の好みの位置で分けても割れやすいですし、前髪を作って真下に降ろしても分れてきてしまいます。

ここでは、そんな富士額の方に対してのセット方法や、誤魔化し方についてご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

前髪を真っ直ぐ下ろしたい時

何度も上からコームで溶かしても、割れてきてしまう富士額には上から押さえつけるのは禁物です。

毛が浮きやすいので、下からコームで梳かして、普通に降りてくれる髪と、浮いてしまう髪をなじませることによって前髪の割れを解消します。

ヘアアレンジで誤魔化す!

①ポンパドール

一番簡単なのはこのポンパドールというアレンジ方法です。

前髪を中心に集め、頭皮から90度ほどの角度まで上げます。

コームで髪の根元を逆立てながらボリュームを出し表面に来る髪の毛は逆立てずに軽く梳かします。

そのまま髪の毛を捩じってピンを打つだけです。

最後に軽くヘアスプレーを振り、スタイルが崩れないようにキープしましょう。

②編み込み

慣れない方は難しいかもしれませんが、慣れるときれいに編み込みはマスター出来ます。

前髪を下ろし、前髪とは別の髪の毛を後ろから少し前に持ってきます。

その髪を前髪となじませ編み込んでいくだけで、短い前髪が長い髪の毛と混ざって横に流れます。

縮毛矯正やパーマで毛流れを固定

髪の生えてくる位置は修正できませんが、生えてきた毛を縮毛矯正で伸ばしたり、パーマで動きをつけることによって毛流れが固定され、割れが目立ちにくくなります。

毎朝のセットも簡単になるので、上手くセットできずに悶々としてしまった方は一度パーマや縮毛矯正を当ててみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

シェアよろしくお願いします!

スポンサーリンク